[PR] アリコ

« June 2012 | メイン | August 2012 »

台湾茶 民國101年 梨山翠峰高冷茶 春茶 林桓渝茶師

July 30, 2012 Monday [ Oolong Tea(台湾茶) ] 

ここ最近の、向日葵ですらゲンナリとしてしまう暑さは、
わしのような人種にはとても厳しいです。
熱中症予防はきちんとしてくださいね、みなさま。

そんな暑さを忘れ、爽快すっきりにさせてくれるのが、
この「梨山翠峰高冷茶」です。

毎年、春冬茶飲んでいますが、今年の春茶はより香り高くなっていますね。
茶葉は「豆香(とうしゃん)」が香り、とても艶がありますね。
また淹れた時に感じる南国果実系の甘い香りも格別ですね。
前回の「杉林渓龍鳳峡」とも似てい
ますが、より香りの波長が高く(わかりにくいかなw)澄んだ感じですね。

林桓渝茶師の作るお茶、本当に美味しいです。
そして常に進化を続けています。
今年の春茶と去年の春茶の飲み比べなんていいと思いますよ。



ああ、写真から香りを伝えることが出来たら、どれだけいいか…といつも思います、はい。

民國101年 梨山翠峰高冷茶 春茶 林桓渝茶師
民國101年 梨山翠峰高冷茶 春茶 林桓渝茶師
CANON EOS 7D + SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DGにて撮影。


民國101年 梨山翠峰高冷茶 春茶 林桓渝茶師
民國101年 梨山翠峰高冷茶 春茶 林桓渝茶師
CANON EOS 7D + SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DGにて撮影。

| | トラックバック (0)| △PageTop

台湾茶 民國101年 杉林渓龍鳳峡高山茶 春茶 林桓渝茶師

July 22, 2012 Sunday [ Oolong Tea(台湾茶) ] 

昨日、今日とわしにはとても過ごしやすい気温で嬉しいです。
今月からより仕事が忙しいことになりそうです。
つか、ほんとにきっちりと仕上げていかないと立ち行かなくなりますな。

それは置いといてw
そんな仕事を忘れさせてくれるのが台湾茶ですな。
今回は杉林渓龍鳳峡高山茶になります。

ここ最近の高山茶の中ではうまさの安定度は抜群ですね。

茶葉は艶やかで、淹れる前の香りはいい茶葉の証「豆香(とうしゃん)」がしてきます。
淹れた瞬間から香る南国柑橘系の甘さを感じさせる香りと甘さ、
そして飲んだ時の切れのある甘さ、さわやかさは格別です。

杉林渓龍鳳峡は素晴らしいお茶を作ることのできる茶区ですね。
もちろん林桓渝茶師の腕の確かさもありますが、
高山茶では一押しの茶区です、ぜひ飲んでみてほしいですね。

わしの師匠の茶香好友WebShopで購入できます。

民國101年 杉林渓龍鳳峡高山茶 春茶 林桓渝茶師
民國101年 杉林渓龍鳳峡高山茶 春茶 林桓渝茶師
CANON EOS 7D + SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DGにて撮影。


民國101年 杉林渓龍鳳峡高山茶 春茶 林桓渝茶師
民國101年 杉林渓龍鳳峡高山茶 春茶 林桓渝茶師
CANON EOS 7D + SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DGにて撮影。

| | トラックバック (0)| △PageTop

民國101年 文山包種茶 春茶 蘇志成茶師

July 13, 2012 Friday [ Oolong Tea(台湾茶) ] 

そういうえば今月Blog更新してないよね。
って事実に先ほど気がついた、おやかたです。

そして今日は13日の金曜日(仏滅)deathね!

それはさておき、書きたいことがあれど、頭と指が追いつかないのが現状かしら?
とはいえ、今年の春茶も飲み頃になってきたので、
これは書かきゃあかんと思った次第でございまする。

まずはやっぱり文山包種茶ですな。
今年の春茶は3種類の文山包種茶を入手しました。
その中でも…一番美味しいのを開けてしまったようです(笑)

文山包種茶特有の青さのある香りと花のような甘い香りのバランスがいいですな。
そして茶葉も綺麗ですわ。なんだろ、少し高山茶のような艶がある茶葉です。
淹れたあとの茶葉は当然指に吸い付くようなしっとりした柔らかさがある。

文山包種茶が好きな人は飲むべきお茶ですよ。

わしの師匠の茶香好友WebShopで購入できます。


民國101年 文山包種茶 春茶 蘇志成茶師
民國101年 文山包種茶 春茶 蘇志成茶師
CANON EOS 7D + SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DGにて撮影。




民國101年 文山包種茶 春茶 蘇志成茶師
民國101年 文山包種茶 春茶 蘇志成茶師
CANON EOS 7D + SIGMA MACRO 50mmF2.8 EX DGにて撮影。

| | トラックバック (0)| △PageTop